リーグの話

リーグの話

資金ショートの懸念が始まった〜J1・J2の安全性分析を踏まえて考える〜

Jリーグの現況を踏まえた資金ショートに関する考察です。
リーグの話

Project DNA:コロナ禍は貴重な若手の成長機会を奪ってしまった

前回投稿の通り、第2回Jリーグ臨時理事会においてビジョン2030及び2022年中期事業計画の凍結が決まりました。 もちろん現状は全てのチームの存続が優先ですが、これが痛恨の極みです。 ビジョン2030と中期計画 Jリーグは...
リーグの話

Jリーグはいよいよ資金工面の正念場〜2020年度 第2回Jリーグ臨時理事会〜

2020年度 第2回Jリーグ臨時理事会決議事項 2020年度 第2回Jリーグ臨時理事会が開かれ、それについてチェアマンの会見が行われました。その会見内容からリーグの状況が見えてくる部分がありますので、取りまとめと考察を行わせて頂きます。 ...
リーグの話

名古屋グランパス 豊田章男会長の意味

名古屋グランパスにトヨタ自動車の豊田章男社長が会長として就任するということで、「トヨタもとうとう本腰を入れるか」と思ったのですが、その後を少し調べ、考えてみました。
リーグの話

Jリーグチームのオーナーシップ移転

Jリーグチームのオーナーシップ移転について、その要件などを考えてみました。
リーグの話

コロナ罹患の知らせ、一次情報に価値あり

Jリーグ選手のコロナウイルス罹患のプレスリリースが出ていますが、一次情報である球団のサイトを確認すると、有用な情報が得られます。
リーグの話

Jリーグのコロナ危機対応と資金繰りに係る考察

新型コロナウイルスの感染の広がりにより、2節以降のJリーグの試合が延期となる中、ダイヤモンドオンラインにて、「Jリーグに迫る「コロナ危機」、20億円減益リスクを回避する2つの秘策」という記事がアップされました。 試合の延期...
リーグの話

カテゴリー別の懐事情〜2018年度クラブ経営開示情報を読んでみた(5)〜

カテゴリーそれぞれ懐事情は異なる。 「Jリーグ全体での事業規模の拡大」と景気の良いことを書いてきましたが、カテゴリー別にみると事情は異なります。 今日も、「2018年クラブ経営...
リーグの話

「費用の拡大均衡」〜2018年度クラブ経営開示情報を読んでみた(4)〜

「費用の拡大均衡」について考えてみる 次のトピックスについて考えてみます。 (2) 前年と比較し、営業収益が過去最高増加額である約151億円の増加 (2011年以降、8年連続増加) 同時に営業費用も約141億...
リーグの話

リーグ全体の営業収益の内訳を見る〜2018年度クラブ経営開示情報を読んでみた(3)〜

過去2回にわたって触れさせていただいた営業収益ですが、その内訳をみてみます。 スポンサー収入、入場料収入、及びJリーグ配分金があります。 最も目を引くのがスポンサー収入の伸びです。この伸びの内情に関し、私は...
タイトルとURLをコピーしました