J3降格も地元と一体で力を蓄えたギラヴァンツ北九州

びっくりのJ3降格

ギラヴァンツ北九州は2010年シーズンにJ2リーグに初めて参戦しました。当該シーズンの順位は最下位となりましたが、翌年就任し、2年間指揮を執った三浦ヤス監督を経て、それを引き継いだ柱谷幸一監督のもと、2014年には5位、2015年には7位と、そろそろ昇格のチャンスもあるかと思われたところで、2016年シーズンに驚きの最下位(22位)となり、J3に降格しました。

この、びっくりの降格からどのようにして北九州がJ3を過ごし(今回、データとして3期目の2019シーズンはありません)、J2に復帰したのかを調べてみたいと思ったのが今回の問題意識です。

J3降格は営業収益のインパクト甚大

ここで注目すべきはJ3降格後の収益レベルの変動です。

J3降格チームの営業収益の変動
降格決定シーズン チーム J2売上 翌年J3降格後 減少額 減少率
2017 群馬 624 462 162 -26%
2015 大分 958 797 161 -17%
2014 富山 735 531 204 -28%
2013 鳥取 646 460 186 -29%

※2016シーズン降格は北九州

各チームのJ3降格後の損益計算書の内訳を見ると、概ねスポンサー収入は20%程度、入場料は45割減っています。入場料については、リーグ所属のチームがJ2より少ないため、試合数自体が少ないことも影響しています。

気にするべきなのは減少額のところです。概ね160百万円から200百万円減少します。この結果、ざっくり言うと営業収益の約50%程度を占めるチーム人件費を8000万円〜1億円近く減らす計算となります。このインパクトは大きく、例えば2017年の群馬はチーム人件費を292百万円から69百万円減らしました(細かく言うと下部リーグは人件費率は50%よりもう少し低いです)。このため、新たなJ3降格チームにおいては、高額選手放出は避けられません。

ギラヴァンツの損益計算書は降格してどうなった

ここでギラヴァンツ北九州がどうなったのかを損益計算書を通じて見てみましょう。

ギラヴァンツ北九州損益計算書推移(単位:百万円)

シーズン 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
決算期 2012年1月期 2013年1月期 2014年1月期 2015年1月期 2016年1月期 2017年1月期 2018年1月期 2019年1月期
順位 J2 8位 J2 9位 J2 16位 J2 5位 J2 7位 J2 22位 J3 9位 J3 17位
営業収益 521 682 686 747 777 855 864 794
広告料収入 176 252 272 308 328 384 384 394
入場料収入 78 98 88 79 82 80 124 107
Jリーグ配分金 91 86 90 90 81 82 36 26
アカデミー関連収入 34 44 50 64 82 85 88 105
物販収入 71 69 43
その他収入 142 202 186 205 204 151 163 119
営業費用 584 675 673 738 773 842 854 813
チーム人件費 222 259 249 284 283 343 308 287
試合関連経費 49 44 48 46 52 55 77 75
トップチーム運営経費 82 102 99 103 101 118 110 96
アカデミー運営経費 16 18 26 26 42 40 53 56
物販関連費 53 50 31
販売費および一般管理費 215 252 251 279 295 233 256 269
営業利益 -63 7 14 9 5 13 10 -19
経常利益 -65 5 12 7 3 12 9 -19
当期純利益 -65 2 11 5 3 2 6 -21

まず、営業収益がJ2の降格が決まったシーズンと比べ、2017シーズンが1.1%増加(何と増加です)、2018シーズンが7.1%減少と、J2降格前と比べ遜色ない予算を確保しています。

この結果、J3に降格した北九州はJ3ではビッグクラブで、データのある2017年シーズンと2018年においては、J3最大の予算規模でした。

一応言及しておくと、2018シーズンは21百万円赤字となりました。それぞれの数字を見ると、同じくJ3リーグだった前年と比べると、入場料、リーグ配分金が減少し、チーム人件費も減少させたものの、及ばなかったと言う見方ができると思います。これは、J3降格というより、やはりJ3最下位の影響が大きいと考えます(降格というよりJ3で負けすぎの影響とみています)。しかし、それでもなお、降格してもなお概ね規模を維持できたギラヴァンツは踏ん張りました。

この営業収益維持の要因について以下、検討していきます。

広告料収入

まず、J3降格にもかかわらず予算規模に大きな変動がなかった理由は、広告料収入にあります。J2降格の2016シーズンで384百万円であったものが、2017年シーズン384百万円(維持)、2018シーズン394百万円と増加しています。ここに、スポンサー企業のコミットを感じます。

よくあるギラヴァンツ北九州の話題に「ユニフォームのスポンサーがスゴイ」というのがありますが、以下の通り北九州ゆかりの企業です。

安川電機本社:福岡県北九州市八幡西区黒崎城石2番1号

TOTO本社:福岡県北九州市小倉北区中島2-1-1

ゼンリン本社:福岡県北九州市戸畑区中原新町3番1号

北九州は単なる製鉄の町ではないことが分かります。そして、ここでギラヴァンツの主な株主構成を紹介します。

株主名 株式数 株主名 株式数
ギラヴァンツ北九州持株会 841株 黒崎播磨株式会社 100株
TOTO株式会社 200株 株式会社コアズ 100株
株式会社安川電機 200株 学校法人 国際学園 九州医療スポーツ専門学校 100株
株式会社ゼンリン 180株 三宅朝広 100株
株式会社セイシン企業 180株 宗篤史 100株
株式会社スプリングヒル 130株 株式会社ワールドホールディングス 60株
株式会社井筒屋 100株 山九株式会社 60株
株式会社タカミヤ 100株 九州電力株式会社 60株
第一交通産業株式会社 100株 北九州エアターミナル株式会社 60株
株式会社タカギ 100株 上野精機株式会社 60株
株式会社ナフコ 100株 1,600株

最大の株主はギラヴァンツ北九州持株会ですが、これは追って触れます。

これに続く大株主に先述のスポンサー企業の名前が見られます。このため、はたから見れば「安川電機、TOTO、ゼンリン等の支援はスポンサーは継続されるのか」と毎年気になる向きもあるかもしれませんが、心配はなさそうです。

また、街の歴史から考えるとギラヴァンツのユニフォームスポンサーは、胸に日本製鐵(新日鐵)が入るべきだとは思うのですが、鹿島アントラーズ株の放出もありましたので、そもそもサッカーには関与しないのでしょう。なお、鎖骨と背中下部のスポンサーが入っていないので、ここに新スポンサーが入れば広告料収入のアップサイドがあります。

また、2011年シーズンから2014年に渡って、北九州は債務超過の状態でJ2リーグライセンス付与に関し、Jリーグより解消の勧告を受けてきました。これに対し、27百万円の増資が行われたのですが、恐らくの先述の大株主から行われたのではないでしょうか。

J3リーグが稼働スタートとなってしまったミクスタも寄与

計画当初、2017シーズンは、本城競技場では得られなかったJ1ライセンスを新スタジアムミクニワールドスタジアムで充足し、華々しくJ1を目指す予定でしたが、驚きのJ3スタートとなりました。

まずはJ2復帰を目指すというところで、この「ミクスタ」もチームをサポートします。

通常、J3に降格すると、他の事例で見ると入場料収入は45割ほど減ります。しかし、ギラヴァンツ北九州の場合は平均入場者数はむしろ増加し、J3に降格のため50百万円ほど減額されたJリーグからの配分金の多くをカバーします(2018シーズンは少し足りませんでしたが)。結果的にこれはスタジアムを作った北九州市のファインプレーです。

ギラヴァンツ北九州ホームゲームの平均入場者数
シーズン 2014 2015 2016 2017 2018 2019
決算期 2015年1月期 2016年1月期 2017年1月期 2018年1月期 2019年1月期 2020年1月期
本拠地 本城 本城 本城 ミクスタ ミクスタ ミクスタ
順位 J2 7位 J2 22位 J3 9位 J3 17位 J3 17位 J3 優勝
平均入場者数 3,622 3,488 3,224 5,939 4,501 6,049

コメント

タイトルとURLをコピーしました