J3降格も地元と一体で力を蓄えたギラヴァンツ北九州

びっくりのJ3降格

ギラヴァンツ北九州は2010年シーズンにJ2リーグに初めて参戦しました。当該シーズンの順位は最下位となりましたが、翌年就任し、2年間指揮を執った三浦ヤス監督を経て、それを引き継いだ柱谷幸一監督のもと、2014年には5位、2015年には7位と、そろそろ昇格のチャンスもあるかと思われたところで、2016年シーズンに驚きの最下位(22位)となり、J3に降格しました。

この、びっくりの降格からどのようにして北九州がJ3を過ごし(今回、データとして3期目の2019シーズンはありません)、J2に復帰したのかを調べてみたいと思ったのが今回の問題意識です。

J3降格は営業収益のインパクト甚大

ここで注目すべきはJ3降格後の収益レベルの変動です。

J3降格チームの営業収益の変動
降格決定シーズン チーム J2売上 翌年J3降格後 減少額 減少率
2017 群馬 624 462 162 -26%
2015 大分 958 797 161 -17%
2014 富山 735 531 204 -28%
2013 鳥取 646 460 186 -29%

※2016シーズン降格は北九州

各チームのJ3降格後の損益計算書の内訳を見ると、概ねスポンサー収入は20%程度、入場料は4〜5割減っています。入場料については、リーグ所属のチームがJ2より少ないため、試合数自体が少ないことも影響しています。

気にするべきなのは減少額のところです。概ね160百万円から200百万円減少します。この結果、ざっくり言うと営業収益の約50%程度を占めるチーム人件費を8000万円〜1億円近く減らす計算となります。このインパクトは大きく、例えば2017年の群馬はチーム人件費を292百万円から69百万円減らしました(細かく言うと下部リーグは人件費率は50%よりもう少し低いです)。このため、新たなJ3降格チームにおいては、高額選手放出は避けられません。

ギラヴァンツの損益計算書は降格してどうなった

ここでギラヴァンツ北九州がどうなったのかを損益計算書を通じて見てみましょう。

ギラヴァンツ北九州損益計算書推移(単位:百万円)

シーズン 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
決算期 2012年1月期 2013年1月期 2014年1月期 2015年1月期 2016年1月期 2017年1月期 2018年1月期 2019年1月期
順位 J2 8位 J2 9位 J2 16位 J2 5位 J2 7位 J2 22位 J3 9位 J3 17位
営業収益 521 682 686 747 777 855 864 794
広告料収入 176 252 272 308 328 384 384 394
入場料収入 78 98 88 79 82 80 124 107
Jリーグ配分金 91 86 90 90 81 82 36 26
アカデミー関連収入 34 44 50 64 82 85 88 105
物販収入 71 69 43
その他収入 142 202 186 205 204 151 163 119
営業費用 584 675 673 738 773 842 854 813
チーム人件費 222 259 249 284 283 343 308 287
試合関連経費 49 44 48 46 52 55 77 75
トップチーム運営経費 82 102 99 103 101 118 110 96
アカデミー運営経費 16 18 26 26 42 40 53 56
物販関連費 53 50 31
販売費および一般管理費 215 252 251 279 295 233 256 269
営業利益 -63 7 14 9 5 13 10 -19
経常利益 -65 5 12 7 3 12 9 -19
当期純利益 -65 2 11 5 3 2 6 -21

まず、営業収益がJ2の降格が決まったシーズンと比べ、2017シーズンが1.1%増加(何と増加です)、2018シーズンが7.1%減少と、J2降格前と比べ遜色ない予算を確保しています。

この結果、J3に降格した北九州はJ3ではビッグクラブで、データのある2017年シーズンと2018年においては、J3最大の予算規模でした。

一応言及しておくと、2018シーズンは21百万円赤字となりました。それぞれの数字を見ると、同じくJ3リーグだった前年と比べると、入場料、リーグ配分金が減少し、チーム人件費も減少させたものの、及ばなかったと言う見方ができると思います。これは、J3降格というより、やはりJ3最下位の影響が大きいと考えます(降格というよりJ3で負けすぎの影響とみています)。しかし、それでもなお、降格してもなお概ね規模を維持できたギラヴァンツは踏ん張りました。

この営業収益維持の要因について以下、検討していきます。

広告料収入

まず、J3降格にもかかわらず予算規模に大きな変動がなかった理由は、広告料収入にあります。J2降格の2016シーズンで384百万円であったものが、2017年シーズン384百万円(維持)、2018シーズン394百万円と増加しています。ここに、スポンサー企業のコミットを感じます。

よくあるギラヴァンツ北九州の話題に「ユニフォームのスポンサーがスゴイ」というのがありますが、以下の通り北九州ゆかりの企業です。

安川電機本社:福岡県北九州市八幡西区黒崎城石2番1号

TOTO本社:福岡県北九州市小倉北区中島2-1-1

ゼンリン本社:福岡県北九州市戸畑区中原新町3番1号

北九州は単なる製鉄の町ではないことが分かります。そして、ここでギラヴァンツの主な株主構成を紹介します。

株主名 株式数 株主名 株式数
ギラヴァンツ北九州持株会 841株 黒崎播磨株式会社 100株
TOTO株式会社 200株 株式会社コアズ 100株
株式会社安川電機 200株 学校法人 国際学園 九州医療スポーツ専門学校 100株
株式会社ゼンリン 180株 三宅朝広 100株
株式会社セイシン企業 180株 宗篤史 100株
株式会社スプリングヒル 130株 株式会社ワールドホールディングス 60株
株式会社井筒屋 100株 山九株式会社 60株
株式会社タカミヤ 100株 九州電力株式会社 60株
第一交通産業株式会社 100株 北九州エアターミナル株式会社 60株
株式会社タカギ 100株 上野精機株式会社 60株
株式会社ナフコ 100株 1,600株

最大の株主はギラヴァンツ北九州持株会ですが、これは追って触れます。

これに続く大株主に先述のスポンサー企業の名前が見られます。このため、はたから見れば「安川電機、TOTO、ゼンリン等の支援はスポンサーは継続されるのか」と毎年気になる向きもあるかもしれませんが、心配はなさそうです。

また、街の歴史から考えるとギラヴァンツのユニフォームスポンサーは、胸に日本製鐵(新日鐵)が入るべきだとは思うのですが、鹿島アントラーズ株の放出もありましたので、そもそもサッカーには関与しないのでしょう。なお、鎖骨と背中下部のスポンサーが入っていないので、ここに新スポンサーが入れば広告料収入のアップサイドがあります。

また、2011年シーズンから2014年に渡って、北九州は債務超過の状態でJ2リーグライセンス付与に関し、Jリーグより解消の勧告を受けてきました。これに対し、27百万円の増資が行われたのですが、恐らくの先述の大株主から行われたのではないでしょうか。

J3リーグが稼働スタートとなってしまったミクスタも寄与

計画当初、2017シーズンは、本城競技場では得られなかったJ1ライセンスを新スタジアムミクニワールドスタジアムで充足し、華々しくJ1を目指す予定でしたが、驚きのJ3スタートとなりました。

まずはJ2復帰を目指すというところで、この「ミクスタ」もチームをサポートします。

通常、J3に降格すると、他の事例で見ると入場料収入は4〜5割ほど減ります。しかし、ギラヴァンツ北九州の場合は平均入場者数はむしろ増加し、J3に降格のため50百万円ほど減額されたJリーグからの配分金の多くをカバーします(2018シーズンは少し足りませんでしたが)。結果的にこれはスタジアムを作った北九州市のファインプレーです。

ギラヴァンツ北九州ホームゲームの平均入場者数
シーズン 2014 2015 2016 2017 2018 2019
決算期 2015年1月期 2016年1月期 2017年1月期 2018年1月期 2019年1月期 2020年1月期
本拠地 本城 本城 本城 ミクスタ ミクスタ ミクスタ
順位 J2 7位 J2 22位 J3 9位 J3 17位 J3 17位 J3 優勝
平均入場者数 3,622 3,488 3,224 5,939 4,501 6,049

実は北九州が、Jリーグで上位に食い込むもの

北九州の損益計算書を見て気になったことがあります。アカデミー関連収入が伸びていることです。

実は、この規模と黒字が出ていること、大したものです。

まず、Jリーグの2018年度(J1からJ3まで含めます)のアカデミー関連収入を見てみましょう。

Jリーグチーム別アカデミー関連収入及びセグメント利益(2018)(単位:百万円)
アカデミー関連収入 アカデミーセグメント利益
1 FC東京 420 1 横浜FM 155
2 横浜FM 360 2 神戸 144
3 清水 319 3 川崎F 129
4 鹿島 290 4 鹿島 121
5 神戸 249 5 FC東京 117
6 磐田 222 6 大宮 111
7 川崎F 196 7 東京V 84
8 G大阪 196 8 福岡 79
9 新潟 191 9 岡山 76
10 大宮 189 10 清水 57
11 名古屋 179 11 新潟 54
12 福岡 177 12 沼津 54
13 東京V 174 13 北九州 49
14 京都 133 14 磐田 43
15 千葉 114 15 鳥栖 43
16 北九州 105 16 YS横浜 37
17 岡山 103 17 富山 28
18 湘南 95 18 水戸 22
19 鳥栖 94 19 名古屋 21
20 YS横浜 84 20 琉球 20
21 広島 82 21 栃木 19
22 仙台 78 22 鳥取 17
23 栃木 72 23 愛媛 16
24 横浜FC 72 24 金沢 15
25 愛媛 71 25 岐阜 15
26 徳島 65 26 讃岐 15
27 沼津 59 27 福島 14
28 金沢 58 28 岩手 13
29 琉球 57 29 秋田 13
30 富山 53 30 横浜FC 10
31 讃岐 53 31 京都 10
32 水戸 50 32 G大阪 3
33 岐阜 48 33 徳島 2
34 秋田 47 34 千葉 -1
35 鳥取 43 35 長野 -2
36 大分 39 36 松本 -4
37 岩手 38 37 藤枝 -4
38 福島 32 38 町田 -8
39 長崎 31 39 群馬 -8
40 長野 26 40 熊本 -11
41 松本 26 41 -12
42 25 42 甲府 -14
43 札幌 25 43 仙台 -18
44 熊本 22 44 大分 -27
45 甲府 19 45 長崎 -35
46 山口 17 46 湘南 -46
47 浦和 11 47 山口 -54
48 藤枝 4 48 広島 -55
49 町田 0 49 浦和 -92
50 群馬 0 50 札幌 -143
(除外) (除外)
山形 0 山形 0
相模原 0 相模原 0
C大阪 0 C大阪 0
鹿児島 0 鹿児島 0

規模の点でJ1勢に混じって北九州がいいところにいます。また、規模が大きくても利益が出せるとは限りませんが、北九州はしっかり利益を出しているグループです(福岡、沼津、YS横浜あたりも頑張っています)。現在の粗利の規模でも、チーム損益に一定の貢献をしています。鳥栖などは育成が花開きつつあると思いますが、今触れさせて頂いたチームと共に、ギラヴァンツアカデミー育ちの選手が躍動する日も遠くは無さそうです。また、育成機能の拡張はJリーグの望む運営方針にも沿っていますので、将来的に配分金の面でも恩恵を受けることがありそうです。

なお、本表で数字が0だったチームは決してアカデミー機能がないのではなく、損益計算書上の整理の問題だと思います。しかし、ここでは損益計算書上の数字に絞って頭の体操としてお話しさせていただいています(チームによっては費用の方も実はアカデミーに関して発生している費用を「アカデミー運営経費」以外の項目に含まれているという可能性もあります。)。

市民クラブとしての持株会

追って説明とさせていただいた持株会について少し触れさせて頂きます。

持株会要項概要

拠出金額

1口5万円から最高19口95万円まで

入会資格→ココ重要

会員としてふさわしい品位と社会的信用のある方

暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体またはその関係者、その他反社会勢力(以下「暴力団等反社会勢力」という。)に属していないこと。

入会特典
  • 持株会会員証
  • 毎年ホームゲームのチケット進呈(1口につきA席2枚)
  • ホームゲームでの購入チケット割引(当日券を前売価格で購入可)
持株会の仕組み

資金は取りまとめの上、チームに出資。会員資格を取得できる。

運営費、管理費

入会時に事務費が発生。持株会役員は無報酬。

入会資格

個人・法人・団体で可能

株式名義

「ギラヴァンツ北九州持株会」となる。

配当金

会社からの配当金は、持株会が一括して受領。そして会員の持分に応じて新たに株式を購入。会員は直接配当金を受領することはなく、持株会内で株式の持分が増える。

株主総会への出席や議決権の行使の可否

理事長が一括して行使。

拠出金の返還

出来ない。

 

私はこれはとても良い仕組みだと思います。あぶく銭があれば入ってみたいです。

最後に

今シーズンのJリーグ再開後、ミクスタがどのように盛り上がるか、そして昇格請負人の小林監督の手腕が見ものです。

2020シーズンは恐らく営業収益1,000百万円規模の運営が予想されます。これは、J2リーグ中下位のレベルであると推察します。今後、J1昇格を狙う場合、営業収益の規模を2倍にすることが目標となるでしょう。ベンチマークはご近所福岡でしょうか。

このため、スポンサーへのアプローチ、入場者のさらなる増加、育成(移籍金含む)、グッズ販売など、これまでと異なった戦略が求められます。地元財界、そして自治体とも連携した北九州は注目したいチームです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました