Jリーグは健闘:欧州中堅リーグとの収益比較

欧州中堅リーグとの収益比較ならJリーグはどうなのか

前回投稿にてJリーグと欧州5大リーグの収益構造の比較を行いましたが、個人的にはこちらの方に関心を持っておりました。あまりに想像がつかないため、どのようなものだろうと思ったからです。
欧州5大リーグとの比較の際と同じく、デロイトの「Annual Review of Finance 2020」のデータを使ってJリーグと欧州中堅リーグとの総収入、スポンサー/商業収入、入場料収入の比較を行います。
とても興味深い結果でした。
※データについては、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ロシア、トルコは2018シーズンの数値。デンマーク、スウェーデンは2019年12月の数値。Jリーグは2019シーズンの数値を採用しています。

総収入の比較

上図は、欧州5大リーグ以外のデロイトUKがnon “big-five”として抽出したリーグとの総収入の比較です。
率直に言って「Jリーグすごいじゃん」と言うのが第一印象です。
これら比較対象のリーグの中では、総収入はロシア、トルコに次いで3位です。しかも、オランダより上です。
ミキッチがかつて、「なぜ日本の若い選手は外国のリーグに行きたがるのかわからない」と言っていたようですが、この数字だけ見ると、欧州5大リーグへの移籍でなければ、ミキッチの言葉に一理あると思いました。
一点留意すべきはリーグによってクラブ数が異なることです。今回取り上げたリーグのチーム数は以下の通りで、留意して頂ければと思います。
 国 クラブ数
ロシア 16
トルコ 18
オランダ 18
ポルトガル 18
ベルギー 16
オーストリア 12
スコットランド 12
デンマーク 14
ノルウェー 16
スウェーデン 16
ポーランド 16
J1 18
スコットランドはオーストリアと並んで12でクラブ数が少ないです。個人的には、中村俊輔がスコットランドで活躍していたとき、いつも同じようなチームと試合をしている印象がありましたが、こういうことなんですね。ロシアやベルギーなどクラブ数が18に満たないリーグはまだ拡大のポテンシャルがありそうです。

スポンサー/商業収入の比較

スポンサー/商業収入ではJリーグとロシアがツートップです。
このグラフの国々を見回すと、世界的な企業がいくつ思い浮かぶかなあと言う感じです。そうした点で見ると、やはり日本は世界的な企業が多いという経済の厚みを感じます(念の為、私は、「Youは何しに日本へ」的な推しをする考えはありません)。
日本と数字が並ぶロシアは石油関係の企業が多いのではないでしょうか。

入場料収入の比較

入場料収入については、J1がスコットランドとツートップ、そしてオランダが続きます。
スコットランドの収入が多いのは、チーム数が12しかないことを考えると、頑張っていると言えるのではないでしょうか。しかしながら、物価や平均のチケット価格が押し上げている面もありそうです。
また、総じて言うと、寒い国は伸び悩んでいる印象です。Jリーグの秋春制の議論が行われる時、「ヨーロッパのスタジアムは座席にヒーターが・・・」という話も出ることもありますが、やはり寒いものは寒いんでしょう。また、冷静に考えれば地方クラブがヒーターを設置するお金を持っているはずはありません。しかし、これはこれで興味深い数値です。

放映権収入の比較

5大リーグとの比較にて、最も大きな差となった放映権収入ですが、北欧諸国、ポーランド、スコットランドには勝るものの、トルコやポルトガル等と比較すると大きく水を開けられています。
オランダの放映権の収入額が低いですが、オランダについては「その他」のカテゴリーの収入が多いため(総収入の38%、283億円)、リーグが他と違う収入の管理や取り扱いをしているような気がします。
いずれにせよ、DAZNとの大型契約を取り纏めたJリーグですが、他のリーグとの比較でいえば、引き続き放映権収入を伸長させることが大きなテーマとなるのではないでしょうか。

各国の事情

各国個別の事情も見てみましょう。それぞれの事情も興味深いところです。

ロシア

ロシアはヨーロッパで6番目のリーグです。
リーグは2019/20では、Youtubeを通じた国際配信(有料)の契約を締結しました。リーグ活性化のためにチームを16から18に増やす予定です。

トルコ

トルコのスュペル・リグは前期比2%収入が増えました。
経済の不振と不安定な通貨の影響を受けた模様です。
しかしながら、放送契約の新しいサイクルが始まったことと、好調な入場料収入により、比較各国と比べて高い水準の収入を維持しています。各クラブがスタジアムの改修に取り組んでおり、また、家族連れの観戦を後押しするなどの国家的な取り組みも功を奏している模様です。

ポルトガル

ポルトガルのプリメーラ・リーガでは、全体で前期比2%の増収となりました。
ベンフィカ、ポルト、スポルティングによる入場料収入増収とUEFAの国際大会での成績に伴う配分金が牽引しました。三大クラブへの収入の集中化が加速している模様です。

オランダ

オランダリーグは前期比で収入が20%増加しているのですが、この主因はアヤックスがチャンピオンズリーグ準決勝に進出し、約100億円増収したことによるものです。このため、オランダの数値は例年はもう少し低い水準のようです。
あくまでも収入の面だけではありますが、Jリーグの規模がオランダのリーグより大きいと言うのは感慨深いものがあります。不勉強な私には意外でしたが、よく考えると、人口規模で考えると、こういうものなのかもしれないと思いました。オランダ最大の都市アムステルダムで人口100万人で、仙台や札幌と同じような規模です。そして、第二の都市ロッテルダム(フェイエノールトとスパルタがあります)で50万人で神奈川出身の私の印象としては、藤沢や横須賀に毛が生えた程度です。そしてPSVのあるアイントホーフェンが22万人、AZのあるアルクマールも24万人で、大和、厚木、茅ヶ崎くらいのサイズです。

ベルギー

ベルギーのジュピラー・プロリーグのクラブは前期比16%の増収となりました。
ベルギーのクラブがUEFAの大会にて2017/18シーズンと比べ好成績を収めたため、放映権収入が32%も増収しました。
2020/2021シーズンでは、国内及び国際放映権(5年契約)の入札が予定されており、25%以上の放映権収入増収が見込まれています(原典作成当時)。

オーストリア

オーストリア・ブンデスリーガでは、2018/19シーズンの総収入が前期比45%も増えました。その最大の要因は、リーグのチーム数を10から12に増やしたことです。その上で、2018/19に始まった新しい放映権サイクルが始まったことが大きく寄与しています。そして、放映権保有者が、2022/23シーズンには更に20%増収する予定です(原典発表当時)。

スコットランド

スコットランドでは、2018/19シーズンは前期比3%増収しました。
これは、セルティックとレンジャーズがヨーロッパリーグに進出したことに伴い、入場料収入と商業収入が増えたためです。
スコットランド・プレミアリーグでは、入場料収入が4シーズン連続で増加し、総収入の48%を占めます。スコットランド・プレミアリーグの放映権も2020/21シーズンからの新契約により20%増える見通しです。

デンマーク、ポーランド、ノルウェー、スウェーデン

2018/19シーズンは、これらの国からは、チャンピオンズリーグ及びヨーロッパリーグに進出できたクラブはありません。
このため、UEFAからの配分はありませんでした。このため、例えばデニッシュ・スーパーリーガ(デンマークでは2021/22から2023/24シーズンまでの放映権の販売をまとめました。また、ポリッシュ・エクストラクラサ(ポーランド)は2020/21に自らオンラインの配信プラットフォームを立ち上げるなど、増収のための取り組みを行っています

最後に

前回投稿の5大リーグとJリーグとの比較と合わせて考えてみると、収益面でのヨーロッパのリーグとの差は放映権収入の増額トレンドを作り出すこと、そして国際大会の賞金のようです。放映権収入については、特に5大リーグでは、国内だけでなく、海外への販売が大きなポイントとなっています。このため、Jリーグがさらに伸びていくためには、海外という視点を持つことが必須な環境になってきたのではないかと思います。
また、もう一つ気になるのは、各国のビッグクラブへの収入の集中化で、各国リーグがその解消のための努力をしています。
これを踏まえると、ビッグクラブを誕生させるという理念でのJリーグ配分金の考え方が良いのかなという疑問が沸くところです。短期的にはACLで勝てるチームを作るのは重要なことかと思いますが、どこが優勝するかわからないというJリーグの特長をいかに守るかという視点は重要なのではないかと思うようになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました