Jクラブの話

Jクラブの話

RIZAPの湘南ベルマーレ株は銀行に抑えられているかもしれない

RIZAP 2020/3期決算 今期も大赤字 以前、ブログでRIZAPと湘南ベルマーレについて触れた記事を投稿させていただきましたが、この度2020年3月期のRIZAPの有価証券報告書が開示されました。今回は、決算を眺めるとともに、そこから...
Jクラブの話

サガン鳥栖2020年1月期決算レビュー:記録的赤字

2020年1月期のサガン鳥栖決算に関し、損益計算書と貸借対照表の内容をレビューしました。
Jクラブの話

アビスパ福岡2020年1月期決算:順調再建途上の躓き

アビスパ福岡の2020年1月期決算が開示されました アビスパ福岡の2020年1月期の損益計算書と貸借対照表がJリーグのHPで他のチームの数字と共に開示されました(チームのHPでは本当の概要が4月中に発表されています)。 営業収益は1,577...
Jクラブの話

高収益チーム大分トリニータ、稼いだ利益の行き先

社長・溝畑宏の天国と地獄 前から気になっていた「社長・溝畑宏の天国と地獄」を読みました。丁寧な取材により作り込まれた大変面白い本でした(オススメです)。内容をざっくりまとめると以下の通りです。 内容の骨子 数学者である父がイタリアでW...
Jクラブの話

コンサドーレ札幌:有価証券報告書が浮き彫りにする石屋製菓の献身

コンサドーレ札幌が有価証券報告書を開示していた現在、Jリーグの各チームがコロナ禍に際し、財務的な問題と向き合わざるを得ない状況となっています。そうした中で、Jリーグチームの財務諸表への関心が高まっています。 今回、北海道コンサドーレ札幌を...
Jクラブの話

J3降格も地元と一体で力を蓄えたギラヴァンツ北九州

びっくりのJ3降格ギラヴァンツ北九州は2010年シーズンにJ2リーグに初めて参戦しました。当該シーズンの順位は最下位となりましたが、翌年就任し、2年間指揮を執った三浦ヤス監督を経て、それを引き継いだ柱谷幸一監督のもと、2014年には5位、2...
Jクラブの話

サガン鳥栖 サポーターミーティング所感

パルプンテはなかった これまでの報道から、想定しないびっくりすることが起きるのではと考えていましたが、杞憂でした。 サポーターミーティングに関して記事を書くことを当初は考えていなかったのですが、前回の記事だとスポーツ新聞の本当かどうかわ...
Jクラブの話

サガン鳥栖「牛乳販売」と「不動産投資」報道に関する考察

サガン鳥栖が「牛乳販売」を考えているとか、「不動産投資」の案が出ているとかの報道 色んな意味で面白いというかびっくりと言いますか。 サガン鳥栖大赤字決算を経営改善策として、牛乳販売(西日本スポーツ)を計画しているとか、ビジネスアイデアとし...
Jクラブの話

置いて行かれつつあるJ2オリジナル10、ヴァンフォーレ甲府

J2オリジナル10 Jリーグには、J1だけでなく、J2にもオリジナル10というのがあります。甲府は栄えあるJ2オリジナル10として、以下のチームとともにJ2リーグをスタートしました。 <J2 オリジナル10> 札幌、仙台、山形、大...
Jクラブの話

名古屋グランパス 豊田章男会長の意味

名古屋グランパスにトヨタ自動車の豊田章男社長が会長として就任するということで、「トヨタもとうとう本腰を入れるか」と思ったのですが、その後を少し調べ、考えてみました。
タイトルとURLをコピーしました