Jクラブの話

Jクラブの話

ベガルタ仙台が”危険水域”というのは本当か?

夕刊フジの「J1・ベガルタ仙台“コロナショック”で危険水域 赤字は4億円超に」という記事をみたまたま見かけて、気になって調べてみました。 夕刊フジの記事の内容 記事の概要は以下の通りです。 1月に発表した2019年度の決算見通しでは...
Jクラブの話

Jリーグチームのオーナーシップ移転

Jリーグチームのオーナーシップ移転について、その要件などを考えてみました。
Jクラブの話

コンサドーレ札幌における選手による報酬1億円返納についての考察

コンサドーレ札幌における選手からの報酬1億円返納のインパクトを吟味してみたいと思います。
Jクラブの話

躍進の「水戸ちゃん」決算でもチーム力を見せつける

水戸ホーリーホックが一つ一つ努力を積み上げ、その努力が報われようとしています。それは、決算の数字もみても明らかです。
Jクラブの話

選手の感想:鈴鹿アンリミテッドFC→鈴鹿ポイントゲッターズ

鈴鹿アンリミテッドFC 今年の2月、JFLに所属する鈴鹿アンリミテッドFCが名称変更を行い、「鈴鹿ポイントゲッターズ」となりました。鈴鹿アンリミテッドFCは、J3の一つ下にあるJFLのカテゴリーにて活動しているサッカーチー...
Jクラブの話

浦和レッズの財務的規模という強みは薄れつつある

現時点で最新データである2018年度のJリーグクラブ決算の最大のトピックスは、浦和レッズが営業収益トップから陥落したことです。その順位をしげしげと見つめると、気づくことがあります。
Jクラブの話

RIZAPは今も湘南ベルマーレを支えられるのか

コロナウイルス 感染問題によるジム自粛 今般の新型コロナウイルスの感染に関する自粛対象のターゲットとなる業種の経営が懸念されています。「そういえば湘南ベルマーレの親会社はRIZAPだったな」と思いだしました。RIZAPはそ...
Jクラブの話

首の皮1枚繋がったFC琉球〜2018年度クラブ経営開示情報を読んでみた(6)〜

今回も、2018年度クラブ経営情報開示資料をみていきます。今回はFC琉球のライセンスの話です。 FC琉球に3期連続の赤字が発生しています。ここ3期に亘ってFC琉球の当期純利益(純損失)は、2016年度 -1億2700万円、...
Jクラブの話

サガン鳥栖経営危機について安全性分析数値から眺める

サガン鳥栖の財務状況 サガン鳥栖の経営危機が取り沙汰されています(参考記事)。 この状況について、貸借対照表から確認してみたく、Jクラブ個別経営開示資料(2018年度)を確認しました。 下表が現時点で最も新しいものとして開示されている...
タイトルとURLをコピーしました