決算

Jクラブの話

債務超過はベガルタ仙台だけではない。J全クラブの債務超過/資産超過を試算してみた

ベガルタ仙台 河北新報が債務超過の見通しと報道Jリーグクラブは12月とか1月決算なので、そろそろ着地見込みの話が出てきてもおかしくない時期です。 そんなところでベガルタ仙台が債務超過の見通しであると9月18日に河北新報が報じました。 ベ...
Jリーグの話

<Jリーグ全チーム>2019シーズン決算各種ランキング

2019シーズン決算が公表こんにちは。7月末にようやくJリーグ各クラブの2019年シーズンの決算が出揃いました。Jリーグの多くのクラブが1月決算であるものの、柏、湘南、磐田など一部クラブが3月決算を採用していること、それから今年はコロナ禍に...
Jクラブの話

RIZAPの湘南ベルマーレ株は銀行に抑えられているかもしれない

RIZAP 2020/3期決算 今期も大赤字 以前、ブログでRIZAPと湘南ベルマーレについて触れた記事を投稿させていただきましたが、この度2020年3月期のRIZAPの有価証券報告書が開示されました。今回は、決算を眺めるとともに、そこから...
Jリーグの話

JリーグがJクラブ親会社のために「大ホームラン」

日本経済新聞記事「Jクラブへ投資の追い風? 赤字補填、非課税に」 備忘という意味も込めて本記事を投稿します。 6/22の日本経済新聞朝刊に「Jクラブへ投資の追い風? 赤字補填、非課税に」という記事が掲載されました。 記事のポイントは以下のと...
Jリーグの話

清水エスパルス:左伴前社長の種播きは実るか

ネガティブな財務状況が目に付く清水エスパルス Jリーグチームの財務状況を調べていく上で、サガン鳥栖が大きな課題を抱えているためニュースとして取り上げられることが多いです。その中で、明らかな親会社(Jリーグでは責任企業という言葉が使われるよう...
Jクラブの話

サガン鳥栖2020年1月期決算レビュー:記録的赤字

2020年1月期のサガン鳥栖決算に関し、損益計算書と貸借対照表の内容をレビューしました。
Jクラブの話

アビスパ福岡2020年1月期決算:順調再建途上の躓き

アビスパ福岡の2020年1月期決算が開示されました アビスパ福岡の2020年1月期の損益計算書と貸借対照表がJリーグのHPで他のチームの数字と共に開示されました(チームのHPでは本当の概要が4月中に発表されています)。 営業収益は1,577...
Jクラブの話

高収益チーム大分トリニータ、稼いだ利益の行き先

社長・溝畑宏の天国と地獄 前から気になっていた「社長・溝畑宏の天国と地獄」を読みました。丁寧な取材により作り込まれた大変面白い本でした(オススメです)。内容をざっくりまとめると以下の通りです。 内容の骨子 数学者である父がイタリアでW...
Jクラブの話

コンサドーレ札幌:有価証券報告書が浮き彫りにする石屋製菓の献身

コンサドーレ札幌が有価証券報告書を開示していた現在、Jリーグの各チームがコロナ禍に際し、財務的な問題と向き合わざるを得ない状況となっています。そうした中で、Jリーグチームの財務諸表への関心が高まっています。 今回、北海道コンサドーレ札幌を...
Jクラブの話

J3降格も地元と一体で力を蓄えたギラヴァンツ北九州

びっくりのJ3降格ギラヴァンツ北九州は2010年シーズンにJ2リーグに初めて参戦しました。当該シーズンの順位は最下位となりましたが、翌年就任し、2年間指揮を執った三浦ヤス監督を経て、それを引き継いだ柱谷幸一監督のもと、2014年には5位、2...
タイトルとURLをコピーしました